青汁を知ろう




青汁の歴史

青汁には大変古い歴史があります。古代から世界のあちこちでは植物を使った医術や健康法がありました。日本で最も古い医学書「医心方」にも植物の汁についての記載があります。そのころは飲料としてではなく、患部に塗ったり貼ったりした治療としての位置づけだったようです。青汁が身体に良いと広まった背景には戦時中の食糧難が関係しています。太平洋戦争中から戦後にかけての日本は、食糧事情の悪さで多くの人々が栄養不足に苦しんでいました。

そんな中、医師の遠藤仁郎が栄養失調や病気の患者のために、食用に向かず捨てられていた野菜の葉を用いた青汁を考案しました。その当時、手に入りやすかった大根の葉やにんじんの葉、大豆の葉、ゴボウの葉などを使い、これが現在広く扱われている青汁の基礎となります。この青汁が患者の健康回復に有効だと実証され、優れた効果があると認められていきました。その後、季節や天候に左右されずに一年中安定した栽培ができる「ケール」を原料にした青汁が開発されました。

以前は全国的に広く知られていたわけではなく、一部の地域で飲まれていたマイナーなものでしたが、テレビ番組で罰ゲームとして使われたり、コマーシャルが放送されたおかげで一気に認知度が上がりました。「良薬は口に苦し」という言葉がピッタリ当てはまるほどの味に「苦くてまずい」「青臭い」「飲み込むのに苦労する」などと敬遠される青汁ですが、最近は飲みやすいよう工夫したものもでてきました。

青汁の原材料

青汁には、どんな野菜が使われているのでしょうか。ここでは、「ケール」と「大麦若葉」についてご説明します。昔ながらのケール100%の青汁は大変飲みにくいものですが、栄養価が優れているのでそれに・・・

青汁の健康効果

時代が移り変わるとともに、食生活にも変化がありました。昔のような米、魚中心の和食より、パン、肉中心の食事が受け入れられてきました。ファーストフードや、味が濃いインスタント食品など手軽に食べら・・・